11, 10, 2020

米大統領戦の真の勝者は誰なのか?完全に管理されたユートピアの到来だって?誰がいつ決めたの?

2020-11-10に公開
New Yorkサバイバル

連日、大統領選挙は終わり新しい政権の行方がメディアで報道されているアメリカですが、トランプ大統領はまだ諦めていないようですね。一体、トランプ氏は何と戦っているのでしょうか? 今回の選挙のゴタゴタの裏で、「真の勝者は誰か?」という視点で動画を配信したユーチューバーのアイスエイジ・ファーマー氏の考察をご紹介します。 アイスエイジ・ファーマー氏は、結局勝ったのは「NW○の人たち」ではないか?と指摘し、、3年前に話し合われた世界経済フォーラム(ダボス会議)の内容を引用しました。もちろん彼は、このような未来に懐疑的です。 何も所有しない世界、臓器移植ではなく、3Dバイオプリント技術の応用、肉は食べない、人類を火星に送り出す…。 一見、病気も貧困もないユートピアのようですが、そこに住むのは限られた人間で、GPSによって常に監視されるそうです。 このような世界、本当に来るのでしょうか? 皆さんは、このような世界に住みたいですか? いやそれ以前に、私たちの生活に関わることが、3年も前に一部のエリートたちによって話し合われていた事を、ご存知でしたか? 2030年の8つの予測(英語原文) https://www.weforum.org/agenda/2016/11/8-predictions-for-the-world-in-2030/?utm_content=bufferdda7f&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer 世界経済フォーラム(ダボス会議)とは? https://jp.weforum.org/agenda/2020/01/fo-ramu50-no-tokorekara-nohairaito-soshitesono-he/ 引用 https://twitter.com/iceagefarmer/status/1325725043565813760?s=21 https://youtu.be/98BGBQIroNY #真の勝者は誰か #ダボス会議 #火星移住