10, 02, 2020

リモート合同コンサート2020 日本国練習艦隊音楽隊・米国海軍太平洋艦隊音楽隊Joint Concert 2020, JMSDF & U.S. Pacific fleet

2020-10-02に公開
防衛省 海上自衛隊 公式チャンネル

「日本国練習艦隊は9月28日から30日までの間、米海軍パールハーバー基地(ハワイ)に寄港しました。 コロナ禍の影響で、乗員・実習幹部は上陸することができませんでしたが、練習艦隊音楽隊と米海軍太平洋艦隊音楽隊は、合同リモートコンサートを行いました。 日本海軍と海上自衛隊の儀礼曲として長い歴史を持つ「軍艦行進曲」を日米両音楽隊が別々に録音し、デジタル技術を活用してフュージョンしたものです。 日米同盟は今年60周年を迎え、インド太平洋地域の平和と安定のため、海上自衛隊は米海軍と引き続き強固な絆を維持してゆきます。 それでは両国音楽隊の力強くも優しい演奏をお楽しみください! Japan Training Squadron visited Joint Base Pearl Harbor Hickam from 28th to 30th SEP. The crew and officer trainees could not disembark due to the COVID-19 situation, but both bands of JTS and U.S. Pacific Fleet performed a Joint Remote Concert. They each recorded separately and integrated with digital technology the traditional Naval numbers, “Gunkan” of JMSDF and “Anchors Aweigh” of USN. This year is the 60th anniversary of the Treaty of Mutual Cooperation and Security Between the United States and Japan. JMSDF is committed to keeping a firm and continuous bond with the U.S. Navy. We hope you enjoy the emboldened but tender performances of both bands!