10, 09, 2020

台風14号上陸の可能性なし 局地的に大雨や暴風の恐れ 東京から離れて進み影響小さい

2020-10-09に公開
ウェザーニュース

10月9日(金)19時の推定で、台風14号(チャンホン)は四国沖をゆっくり北北東に進んでいると見られます。中心気圧が少し上がり、弱まりつつあります。 ▼最新台風情報をLiVEで視聴する https://youtu.be/6sFC_lkmk88 ▼台風14号 10月9日(金)19時推定  存在地域   足摺岬の南南東約210km  大きさ階級  //  強さ階級   強い  移動     北北東 ゆっくり  中心気圧   975 hPa  最大風速   35 m/s (中心付近)  最大瞬間風速 50 m/s » 台風14号の最新情報 https://weathernews.jp/onebox/typhoon/ ■東京や名古屋など主要都市は影響小さい 今後はさらに進路を東よりに変え、本州の南の海上を東進し、10日(土)朝に紀伊半島、夜には関東に最も近づく予想となっています。陸地から離れた所を通るため、東京や名古屋などの主要都市への影響は小さいと見られます。 警戒が必要となるのは進路に近い紀伊半島や房総半島、伊豆諸島などに限られる見込みです。 » 台風ピンポイント影響予測 https://weathernews.jp/s/typhoon/pinpoint.html?fm=youtube ■大雨は局地的 紀伊半島や房総半島で警戒 台風は陸地から離れて進むものの、10日(土)日中でも時速20kmと秋台風にしては動きが遅いため、雨量はかさみます。 特に台風に向かって吹き込む南東の風の影響を強く受ける紀伊半島や、内陸部の冷たい空気と暖かな南風がぶつかり、局地的な前線が活発になる房総半島、そして台風の中心が通過する伊豆諸島で大雨となる見込みです。 ウェザーニュースでは9日(金)午後の時点で、11日(日)15時までの48時間雨量が、伊豆諸島や紀伊半島の一部で300mm以上、房総半島で200mm以上の雨が降ると予測しています。特に伊豆諸島・八丈島はすでに400mm超の雨が降っているため、土砂災害などに警戒してください。 ■太平洋沿岸は暴風にも警戒 台風に近い西日本の太平洋沿岸は風が強く、18時50分までの最大瞬間風速は、高知県室戸岬で32.2m/s、和歌山県潮岬で29.1m/sを観測しました。 今後は紀伊半島南部など一部が暴風域に入り、瞬間的には30~40m/sの暴風のおそれがあります。鉄道など交通機関の遅れや飛来物、停電などに警戒が必要です。 ■11日(日)は雨や風の峠を越える 台風は11日(日)になると本州から離れる可能性が高く、各地の雨や風は峠を越えます。 東京など関東は7日(水)の午後から10日(土)いっぱいにかけて、約3日半の間、雨が降り続くことになりますが、11日(日)の朝になるとようやく雨が止む見込みです。 西日本や東海は晴れて気温が上がり、少し暑く感じられるくらいになります。週末にかけて気温差も大きくなりますので体調管理に気をつけてください。 » GPS検索 10日先までの天気 https://weathernews.jp/onebox/gps_week.html ■台風の名前 台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。 台風14号の名前「チャンホン(Chan-hom)」はラオスが提案した名称で、木の名前が由来です。