10, 04, 2020

新型コロナの日本など国別被害差はネアンデルタール人遺伝子有無で説明【9月30日ネイチャーに発表】

2020-10-04に公開
緩和ケアちゃんねる・かんわいんちょー・Dr Palliative care JP

9/30発表の最新情報です。特定の遺伝子変異と新型コロナ重症化の解明が進む中、ネアンデルタール人やデニソワ人由来の遺伝子領域を持つ群にリスクがあると有名科学雑誌ネイチャーに発表されました。重症化する遺伝子変異がわかれば適切な対応や次の治療開発にも役立つとされており、今後が期待されます。医療の正しい情報を医師が専門的に解説する学術的な内容です。コミュニティガイドラインを守って作成しています。 ●画像はネアンデルタール人との説もあった葛生人(くずうじん)のものを使用しました。 ※引用論文・記事 →https://www.nature.com/articles/s41586-020-2818-3 ★関連動画 ●特定遺伝子と重症化およびそのメカニズム →https://www.youtube.com/watch?v=_22BbpqE_aI ●血液型と重症化 →https://www.youtube.com/watch?v=OW5G9ank40Q ●ワクチン治験中止速報 →https://www.youtube.com/watch?v=Jf52LGVsrTU ★緩和ケア経験豊富な本物の医師が信頼できる緩和ケアや医療情報を発信します。ぜひチャンネル登録をお願い申し上げます→https://www.youtube.com/c/kanwa/?sub_confirmation=1 ご登録後、