09, 30, 2020

【図解】黒字が不況を呼ぶ:みんなが知らない経済の法則

2020-09-30に公開
藤井厳喜の『ワールド・フォーキャスト』

<大人の教養>藤井厳喜の情報リテラシー大全『経済学』の詳細はこちらから↓ https://in.worldforecast.jp/fujl5_2009?cap=200919gr ============================== 情報リテラシー大全『経済学』編(全22講義) の中ではこの他にも、このような話題を解説しています。 *本編 ■経済学の誤解 - 大学、官僚が明かさない経済の大前提 ■日本人が知っておくべき金(きん)の幻想- 英語の“goods”に隠された経済の本質 ■日本をダメにした政治家は知らなかった? インフレ・デフレを読み解くお金の正体 ■資本主義の盲点- 先進国 vs. 発展途上国:70億人が巻き込まれた2つの経済原則 ■資本主義の現実- 中国共産党が企む”バブル崩壊と外資”の切っても切れない関係 ■「統制・競争・詐欺」日本と世界の経済史:市場のバランスを守る2つの前提 ■学校教育が語らない"近代市民革命":フランスがひた隠す酒と権力 ■明治維新とアメリカ大恐慌の共通点 - ”貧富の格差”に隠れる資本主義の闇 ■経済成長と借金- 真面目な日本人に知らされない資本主義の宿命 ■財務省の嘘- ”借金大国・日本"が潰れない訳 - 国の借金が怖くなくなる1つの条件 ■資本主義が崩壊する日、日本財政が復活する日 -2つの権利から予測する日本人の未来 ■洗脳か?常識か?金融政策と日銀のタブー- 偉大な蔵相・高橋是清に学ぶ不況脱出策 ■経済破綻国 vs. 日米- 見方を変えれば、世界が変わる…1枚の紙で読み解く日本の真実 ■共産主義者の謀略:首相までもが嵌められたスパイ天国の実態 ■“ソ連崩壊”と”デフォルト”が強国を生んだ?- ロシア、英、米も辿った国家再興の裏側 ■「日本は世界的に見て安心できる国だ」- 本当は世界一の日本、財政黒字が危険なワケ ■経済学者とマスコミには騙されない!- 20分あればわかる”本当は簡単"な経済の仕組み ■国家経済を動かす3つのエンジン- 日本の祖先とアメリカに学ぶ賢い財政投資 ■トランプ流”アメリカファースト”の経済学- 第二次大戦〜現代で見る需給の仕組み ■「一般法則は存在しない」- 人口増減と成長率…データで暴く俗説の嘘 ■知られざる世界経済の法則- 覇権、密約、信頼が生んだ米ドルの強さと日本円の価値 ■自由貿易の限界か?第三世界輸出か?- 藤井厳喜の予言「矛盾する世界経済の未来」 *補講 ■[実証]人口減少でも経済成長が可能な訳 ■税金はお金持ちからとればいい?- 日本も経験した資本主義3つの欠陥 藤井厳喜の情報リテラシー大全『経済学』の詳細はこちらから↓ https://in.worldforecast.jp/fujl5_2009?cap=200919gr ============================== ※『情報リテラシー大全』に関する問い合わせは下記連絡先まで、お願い致します。販売元:ダイレクト出版株式会社 https://support.d-publishing.jp/hc/ja/requests/new