09, 27, 2020

CHiCO with HoneyWorks - 世界は恋に落ちている / THE FIRST TAKE

2020-09-27に公開
THE FIRST TAKE

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。 ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY. 一発撮りで、音楽と向き合う。 第55回は、今年デビュー6周年を迎えた“チコハニ”ことCHiCO with HoneyWorksが初登場。 デビューから6年、ライブ以外では顔出しはせず、メディアには声のみでしか出演していないCHiCO with HoneyWorksだが、今回初めてCHiCO(Vo.)の歌唱姿が明らかになる。 YouTubeで5900万回再生を誇るデビュー曲「世界は恋に落ちている」をシンプルなピアノアレンジにて披露する。 Piano:宇都圭輝 ▶「世界は恋に落ちている」  〈配信〉http://chicoxxx.lnk.to/sekakoi ▶1stアルバム「世界はiに満ちている」 *「世界は恋に落ちている」収録 〈CD〉https://chicoxxx.lnk.to/sekai_cd 〈配信〉https://chicoxxx.lnk.to/1stAL ▶2ndアルバム「私を染めるiの歌」 〈CD〉https://chicoxxx.lnk.to/wsiu_cd 〈配信〉https://chicoxxx.lnk.to/2ndAL ▶3rdアルバム「瞬く世界にiを揺らせ」 *2020年9月16日リリース *「幸せ。」収録 〈CD〉https://chicoxxx.lnk.to/msiy_cd 〈配信〉https://chicoxxx.lnk.to/3rdAL ▶「世界は恋に落ちている」  http://chicoxxx.lnk.to/sekakoi ■CHiCO with HoneyWorks SNS Official Site:https://www.chicoxxx.com/ Twitter:https://twitter.com/chicoxxx_tweet LINE:https://line.me/ti/p/%40chicowithhoneyworks YouTube Channel:https://www.youtube.com/channel/UCw9-qglgZw8J8m2rxe7bAXw ■「THE FIRST TAKE」SNS Official site:https://www.thefirsttake.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/the_firsttake/ Twitter:https://twitter.com/The_FirstTake Tiktok:https://www.tiktok.com/@the_first_take — 「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。 ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY. 一発撮りで、音楽と向き合う。 ただ想いを込めて歌うだけじゃない。 マイクの前に立ったとき、何を感じているのか。 その曲に辿りつくまでに、いくつの壁があったのか。 これまでどんな姿勢で、音楽と向き合ってきたのか。 そんなアーティストたちの生き様が、音楽になっていく。 一人ひとりが前に踏み出そうとする時代。 音楽にできることを考えていきたい。 音楽に対する姿勢も、音楽だ。 THE FIRST TAKE THE FIRST TAKE is a YouTube Channel dedicated to shooting musicians and singers performing in a single take. ONE TAKE ONLY, ONE LIFE ONLY. It's more than just singing with raw passion. What does the artist feel, standing before the mic? What journey led them to sing those words? How do they approach their craft? All of the answers are in their music. Now more than ever, the world is searching for hope. There is still so much more that music can do. THIS MUSIC IS LIVING. THE FIRST TAKE CREDITS — Creative Director / Art Director: Keisuke Shimizu Art Director: Kana Takarada Copywriter: Hiroshi Yamazaki Director of Photography: Kazuki Nagayama Lighting Director:Kazuhide Toya Producer: Kentaro Kinoshita