04, 05, 2020

【ドラマ】全国民をランク付け・・・「信用スコア社会」になるとどうなるのか?

2020-04-05に公開
俺たち天下のゆとりーマン

※一部内容(ネタバレ)が含まれますので、動画を視聴後にお読みください。 今から10秒時間をとります。 皆さんの「信用」できる人を頭に思い浮かべてみてください。 思い浮かびましたか? 家族だったり、親しい友人だったり、お付き合いしてる人かもしれません。 では次に、「信頼」できる人を思い浮かべてみましょう。 え、信頼? 信用と何が違うんだろう、よくわかんない… という人もいらっしゃるかと思います。 この「信用」と「信頼」の違いについて見てみましょう。 結論から言うと「信用」は過去、「信頼」は未来についてのことではないでしょうか。 「信用」とは過去の実績や成果があり、それに対して評価すること。 例えば、この人は学生時代に生徒会長をやっていたという実績がある、だから信用できるみたいな。 つまり、相手への評価基準を決めることになるわけですね。 銀行で例えるなら、この人は上場企業で働いている、だから信用度は高いというかたち。 逆に「信頼」というのは無条件で未来の行動を期待することになります。 彼は昔からの付き合いだし、いい奴だから裏切ったりはしないだろうと期待する。 明確な判断基準があるわけでなく、あくまで相手への期待です。 「信用関係」という言葉はありませんが、「信頼関係」という言葉があるように。 そう思うと、無条件でも互いに期待しあえる「信頼」というのはものすごいことですよね。 「信用」の場合は評価する側に基準があり、一方的に判断されるわけですから。 今回の場合で言えば、ブラック、テング、ゆとりの3人は昔からの付き合い。 おそらく信頼関係にあったでしょう。 しかし、ゆとりはそれ以上に国からの「信用」を取りました。 友人からの「信頼」と引き換えに国からの「信用」を得たわけです。 皆さんも世間体を気にしすぎて、「信用」を優先してしまうこと、ありませんか? 本当に大切なものって「信用」なのか「信頼」なのか。 そんな裏テーマがあったり、なかったり。 (By ブラック) ※この動画はフィクションです。登場人物、団体、名称などは架空のものであり、実在する人物や団体などとは一切関係ありません。また、特定の国や地域などを指すものではありません。 【俺たちが欲しいのはサラリーじゃない。 ゆとりを目指して、俺たち天下のゆとりーマン!】 【Twitterアカウント】 俺たち天下のゆとりーマン→https://twitter.com/WeAreYutoriMan ゆとりくん→https://twitter.com/IamYutoriKun ホワイト→https://twitter.com/a2BcV6DktAbKWph ブラック→https://twitter.com/yutoriblack テング→https://twitter.com/Mt7ifCi28fPZtzO