12, 26, 2019

小さい頃から世界最速!“ベビーソニック”ハリウッド実写版で史上初登場 映画『ソニック・ザ・ムービー』

2019-12-26に公開
oricon

★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal  全世界シリーズ累計販売本数約9.2億本を記録する『ソニック』シリーズのハリウッド実写版『ソニック・ザ・ムービー』(2020年3月27日公開)から、ゲームやアニメを含めてこれまで1度も登場したことがなかった幼少期の“ベビーソニック”の姿が、史上初めてお披露目となった。  同シリーズは、91年にセガ・エンタープライゼス(現・セガゲームス)から発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』以来、ゲームを中心に様々なメディアミックスを展開。ステージを駆け抜けるゲーム性と音速で走る青いハリネズミのソニックが人気を集めている、日本発の人気キャラクター。  本作は、故郷を離れて地球にやってきたソニックが、ひょんなことから出会った保安官のトム(ジェームズ・マースデン)の相棒となり、ソニックのスーパーパワーを狙うドクター・ロボトニック(ジム・キャリー)の野望を阻止するために大冒険に出かける物語が描かれる。  そして、今回解禁された特別映像で“ベビーソニック”が史上初めて登場。故郷の平和な島で元気いっぱいに駆け回り、幼くとも島中をまたたく間に回る超音速も持っている。さらに、時折発する無邪気な笑い声やあどけない表情で、見る人の心をつかむようなキャラクターとなっている。